内装リノベの打ち合わせ

学習塾の内装が古くなったのでリノベーションしたいとの相談があり現場に行ってきました。その塾は佐世保では知る人ぞ知る塾で、成績が上がるだけでなく子育て相談にものってくれるとても親切で愛情にあふれた塾です。

リノベーションの要望は
①落ち着く空間、癒しの空間にしたい
②工期はそこまで長くとれないので一部に特化したい
でした。

そこで提案したいのが「可変性を持たせる」ということです。
①については年齢によって好まれる空間は変わってきます。そのため、ある程度幅をもたせつつアジャストできるようにしておきたいと思います。特に床、照明にはこだわりたいと思っています。

②については使えるところはそのまま使うなどして極力工期を短くしたいと思います。

ざっと考えをまとめましたが、やはりキーワードは可変性です。

今回の場合だけでなく、今後の建築はその時だけでなくライフスタイルや人に合わせることができるように計画しておくことが非常に大事だと思います。

5年後10年後も気持ちよく使ってもらえる空間にしたいと思います。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です