佐世保市の建築基準法第43条だたし書き許可基準が改正されました

こんにちわ。建築士の石井です。

佐世保市の建築基準法第43条だたし書き許可基準が改正されました。

法42条や法43条は、とても重要な条文なので、まとめておきたいと思います。

土地を買おうか検討している方にとっても知っておいて損はないと思います。

法43条「敷地等と道路との関係」とは?

第1項

建築物の敷地は、次にあげるものを除く)に2m以上接しなければならない。ただし、そのs基地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定©行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りではない。

一 自動車のみの交通の用に供する道路

二 高架の道路その他の道路であって自動車の沿道への出入りができない構造のもの

つまり、敷地は、2m以上道路に接していなければならないということです。

火災が起きた場合など、人がスムーズに避難できるようにこのような条文が規定されています。

また、道路とありますが、これにもきちんと定義がされています。

法42条「道路の定義」

建築基準法上の道路には法42条第1項各号法42条第2項の道路があります。

まず、42条第1項から見てみましょう。

1項のなかには1号~5号まであります。

  • 42条第1項1号の道路←道路法による道路
  • 42条第1項2号の道路←都市計画法や土地区画整理法などによる道路
  • 42条第1項3号の道路←もともと存在する道
  • 42条第1項4号の道路←道路法や都市計画法などによる計画されている道路で2年以内にその事業が執行されるものとして特定行政庁が指定したもの
  • 42条第1項5号の道路←特定行政庁から位置の指定を受けたもの

で、かつ、幅員4m以上のものをいいます。

42条2項は?

もともと存在していて現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道で特定行政庁が指定したものは、42条1項の規定にかかわらず、道路とみなし、その中心線からの水平距離2mの線をその土道路の境界線とみなす。

以上が道路の定義です。

いっぱいあってわかりにくいと思いますが、詳しい内容までは理解しなくて大丈夫です。

上記のどの道路に該当するかだけわかれば基本的に問題はありません。

ちなみに、調べ方は簡単です。建築指導課で「この敷地は、建築基準法上のどの道路に接道していますか?」と聞けば、たいてい教えてくれます。

では、今回改正になった、43条だたし書きにを見てみましょう。

43条第1項だだし書きとは?

43条ただし書き

その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りではない。

43条1項の前半では、建築物の敷地は、道路に2m以上接しなければなりませんでした。しかし、世の中そのようないい土地ばかりではありません。では、そういう敷地に建てたい場合は、特定行政庁が支障がないと認めて建築士審査会の同意を得て許可すれば建てれると書いてあります。

この許可の基準は、特定行政庁ごとに定めることができます。

佐世保市では、つい先日、この許可の基準が公表されました。

http://www.city.sasebo.lg.jp/tosiseibi/kentiku/documents/kijyun.pdf

以前の許可基準がないため、どこが変わったのか見比べることはできませんが、

内容としてはさほど難解なところはないと思います。

ただし、この許可は、申請してから数か月かかることもあるので、注意が必要です。

まとめ

敷地と道路の関係は超重要なポイントです。建てるか建てれないのかを左右してきますし、土地の価格にも影響してきます。

  • 敷地が、4m以上の建築基準法上の道路に、2m以上接道してればOK.
  • もしくは、特定行政庁が許可してくれたらOK.

この2つの結論だけでもいいので、抑えておきましょう。

いい土地なのに安いときは、このことを仲介する不動産屋や、建築指導課などで質問してみましょう。このことにきちんと解答できないような業者であれば、相手にしないほうがいいでしょう。のちのち大変なことになります。

なお、弊社でも、建築基準法に関する相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です